オーストラリア国境を再開、全ての国からの旅行者を受入れを開始(2022年8月13日更新)

オーストラリアは2020年3月より厳しい入国規制により厳しい出入国制限を開始、オーストラリア市民と永住者を除き、特別な理由がない限りオーストラリアに入国することができなくなっていました。

これによりオーストラリア国外からの新型コロナウィルスの侵入をほぼ防ぐことができ、ニュージーランドと同様、世界的に新型コロナウィルスの感染拡大に成功した国の1つとなっています。

事実上の「新型コロナウィルスゼロ戦略」をとっていたオーストラリアですが、2021年8月によりオーストラリア国内におけるワクチン接種の進行とともに入国制限を含む規制緩和を進めるロードマップを発表、「コロナとの共存」へ大きく方針を転換しました。

2021年12月15日より、日本、韓国などからのワクチン接種完了者した旅行者は、オーストラリア入国の一部の州に可能となり、オーストラリア入国後の隔離も免除され、短期の観光を目的する旅行者もオーストラリアを旅行することができるようになりました。

2022年2月21日より、そのオーストラリア入国制限が全世界からのワクチン接種完了者に対象を拡大、約2年ぶりにオーストラリアの国境が全面的に開放されました。

2022年月7月6日よりワクチン未接種者の入国も可能に

オーストラリア国外からの入国する旅行者に対し、特別な理由がある場合を除いて、原則新型コロナウィルス感染症のワクチン接種を完了していることを入国許可の条件としていました

オーストラリア政府は、2022年7月6日よりこのワクチン接種完了の入国条件を撤廃することを発表しました。

この日よりワクチン接種を完了していない人も、特別な許可を得ることなく、オーストラリアへの入国が可能になります。

また、ワクチン接種記録の提出にも利用されていた、デジタル乗客宣言(DPD、Degital Passenger Declaration)も同日に廃止されます。

オーストラリア政府は更に入国制限の緩和を進め、2022年4月17日以降、オーストラリア入国前のPCR検査による新型コロナウィルスの陰性証明書の提出義務が廃止されました。

本情報の注意事項

掲載されている情報は執筆時のものです。特に新型コロナウィルスの水際対策に関して、日々手続き、対策は変化していますので、現在の状況と異なっている場合もあります。

提供した内容に関連して、ご利用される方が不利益等を被る事態が生じたとしても、当社および執筆者は一切の責任を負いかねますので、ご了承ください

オーストラリアに入国できる条件

2022年2月21日以降、以下の条件を満たす旅行者は、オーストラリアに入国することが可能となりました。

  • オーストラリア保健局(TGA)によって承認されたワクチン接種を完了していること(7月5日まで)
  • オーストラリアに入国できる有効なビザを所持していること
  • デジタル乗客宣言(DPD、Degital Passenger Declaration)を出発72時間前までに提出すること(2022年7月6日に廃止になりました)
  • 出発前3日以内に行われた新型コロナウィルスの検査で陰性であること

このオーストラリア出発前の新型コロナウィルスPCR検査、陰性証明書の提出義務は、オーストラリア政府の更なる水際対策緩和措置により、2022年4月17日に廃止されました。

2022年7月6日より、ワクチン未接種者の入国が認められ、デジタル乗客宣言(DPD)の提出が不要となりました。

各項目の詳細情報は以下の通りです。

ワクチン接種を完了していること(7月5日まで)

新型コロナウィルスのワクチンは、オーストラリア保健局(TGA)によって承認されたワクチンでなければいけません。

また、ワクチンの最終投与日から7日間以上経過していなければなりません。

現在オーストラリア保健局によって承認され、新型コロナウィルス・ワクチンの種類と完了したとみなされる接種量は以下の通りです。

日本で接種されているワクチン、ファイザー、モデルナ、アストラゼネカのワクチンは、いずれもこのリストに含まれます。

少なくとも14日間隔で2回接種:
  • アストラゼネカ
  • アストラゼネカコビシールド
  • ファイザー/ バイオテック
  • モデルナまたは武田
  • シノバックコロナバック
  • バーラトバイオテックコヴァクシン
  • シノファーム
  • スプートニクV
  • ノババックス / バイオセレクト・ヌバキソビット
少なくとも1回接種:
  • ジョンソンエンドジョンソン / ヤンセンファーマ

接種されたワクチン全てがこのリストに含まれれば、交差接種でも問題ありません。

現時点では、3回目以降のブースター接種は、オーストラリア入国に際して入国条件に求められていません。

ワクチンの接種証明

オーストラリアに向けて出発する航空機のチェックインの際に、ワクチンの接種証明を提示する必要があります。

認められるワクチンの接種証明書の発行機関、証明書の言語は以下の通りです。

  • 国、州、地方レベルの当局、または認定された予防接種機関が発行したもの
  • 英語で書かれたもの、または認証された翻訳が添付されているもの

ワクチンの接種証明書には、少なくとも以下の情報が記載されている必要があります。

  • 旅行者のパスポートに記載されている名前
  • 生年月日、またはパスポート番号、または国民ID番号
  • ワクチンのブランド名
  • 各接種日またはワクチン接種の全コースが終了した日(※1)

ワクチンの接種証明書は紙による証明書の他、デジタル形式のものも認められています。

最新の情報、更に詳しい情報は、オーストラリア外務省の以下のページをご覧ください。

2022年7月6日以降、ワクチン未接種者の入国が認められ、ワクチン接種証明書の提出が不要となります。

有効なビザを所持していること

オーストラリアに入国するオーストラリア市民を除いて、全てオーストラリアに入国する為の有効なビザ(渡航査証)を所持している必要があります。

これは新型コロナウィルスのパンデミック以降に変更になった訳ではなく、パンデミック以前よりオーストラリアの入国に際してビザの所持が必要でした。

「世界最強のパスポート」とも言われ、ほとんどの主要国へ短期の観光や商用目的での渡航において、ビザの取得が免除されている日本国パスポートですが、日本国パスポートをもってしても、ここオーストラリアはビザの取得が必要となる数少ない国となります。

日本人の場合、3か月以内の観光、または商用目的のオーストラリア渡航であれば、ETAS(イータス、Eelectric Travel Authority System)という、簡易的な電子ビザの利用が可能となっています。

ETASの詳しい情報は、以下のページを参照ください。

デジタル乗客宣言を提出していること(7月5日まで)

オーストラリアに飛行機で到着する全てに乗客は、デジタル乗客宣言(DPD、Digital Passenger Declaration)の提出を終えている必要があります。

2022年7月6日以降、ワクチン未接種者の入国が認められ、デジタル乗客宣言(DPD)の提出が不要となりました。

オーストラリア入国後の隔離、検査規定

オーストラリアには6つの州と2つの準州からなる連邦国家であり、各州・準州政府が強い権限を持っています。

オーストラリアの国としての入国可能条件に追加して、入国するその州・準州政府が追加の条件を実施することがあります。

2022年6月まで、州によって到着24時間以内に迅速抗原検査(RAT検査)を行って陰性結果を得るまでは自宅、宿泊施設で待機が必要でしたが、現在南オーストラリア州を除いて不要となっています。

州・準州 国内・海外 ワクチン接種完了者に対す到着後検査義務
NSW 国内から到着
  • 到着後検査義務なし
海外から到着
  • 到着後検査義務なし
VIC 国内から到着
  • 到着後検査義務なし
海外から到着
  • 到着後検査義務なし
QLD 国内から到着
  • 到着後検査義務なし
海外から到着
  • 到着後検査義務なし
WA 国内から到着
  • 到着後検査義務なし
海外から到着
  • 到着後検査義務なし
TAS 国内から到着
  • 到着後検査義務なし
海外から到着
  • 到着後検査義務なし
SA 国内から到着
  • 到着後検査義務なし
海外から到着
  • 到着後、迅速抗原検査(RAT検査)またはPCR検査を受け、陰性の結果を得るまで自主隔離
NT 国内から到着
  • 到着後検査義務なし
海外から到着
  • 到着後検査義務なし
ACT 国内から到着
  • 到着後検査義務なし
海外から到着
  • 到着後検査義務なし

オーストラリアの州・準州と主要都市

    短縮表示の州名 州名 主な都市
    ACT オーストラリア首都特別区 キャンベラ
    NSW ニューサウスウェールズ州 シドニー
    NT ノーザンテリトリー準州 エアーズロック、アリススプリングス、ダーウィン
    QLD クイーンズランド州 ゴールドコースト、ブリスベン、ケアンズ、ハミルトン島
    VIC ビクトリア州 メルボルン
    SA 南オーストラリア州 アデレード
    TAS タスマニア州 ホバート、ロンセストン
    WA 西オーストラリア州 パース

    オーストラリアの入国・出国手続き

    オーストラリア入国手続き

    オーストラリア出国手続き

    オーストラリア国境を再開、全ての国からの旅行者を受入れを開始 よくある質問(FAQ)

    3回目のブースター接種をまだ受けていませんが、オーストラリア入国の条件にある「ワクチン接種完了者」にあたりますか?

    はい、オーストラリアに入国できる条件として、ブースター接種の完了は求められていません。

    日本で新型コロナウィルスのワクチンとして接種されている、ファイザー、モデルナ、アストラゼネカのワクチンは、2回の接種を完了して7日間以上経過していれば大丈夫です。

    オーストラリアに入国できる条件のうち、新型コロナウィルスの陰性であることがありますが、どのような検査方法が認められますか?

    オーストラリアの入国できる条件のうちの1つ、新型コロナウィルスの陰性であることを証明するにあたり、オーストラリア政府当局によって認められている検査方法、及び検査のタイミングは以下の通りです。

    • 出発前3日以内に受けたCOVID-19 PCRまたはその他の核酸増幅検査(NAAT)検査
    • 搭乗予定便の出発前24時間以内に医師の監督の下で受けた迅速抗原検査(RAT)

    このオーストラリア出発前の新型コロナウィルスPCR検査、陰性証明書の提出義務は、オーストラリア政府の更なる水際対策緩和措置により、2022年4月17日に廃止されます。

    オーストラリア渡航の前に提出する、デジタル乗客宣言(DPD)とは何ですか?

    デジタル乗客宣言(DPD)は、2022年7月6日の入国者より、提出が不要となりました。

    新型コロナウィルスの陰性証明書は日本語でも大丈夫ですか?また、陰性証明書は、紙に印刷されている

    英語で書かれたもの、または英語で併記された陰性証明書をご用意ください。

    日本語だけで書かれたものしか用意できない場合、有資格者による翻訳証明をあわせて用意してください。

    陰性証明書は、紙に印刷されたものの他、デジタル形式のものでも構いませんが、証明書は英語で書かれているものが望ましいですが、その他の言語で書かれている場合は、翻訳証明を添える必要があります。

    このオーストラリア出発前の新型コロナウィルスPCR検査、陰性証明書の提出義務は、オーストラリア政府の更なる水際対策緩和措置により、2022年4月17日に廃止されます。

    オーストラリアの旅行手配

    トラベルドンキーでは、オーストラリアのオプショナルツアー(現地発着ツアー)、アクティビティ等をご紹介、ご予約を承っています。

    シドニーを知り尽くしたオーストラリア在住のスタッフが対応しておりますので、正確な情報の提供、的確なアドバイス、到着フライトの遅延・欠航など、緊急時の迅速な対応も可能となっています。

    オーストラリア旅行をご計画中の方は、是非トラベルドンキーのご利用をご検討ください。きっと素敵な思い出深いオーストラリア旅行になりますよ。

    オーストラリアのオプショナルツアー、アクティビティ、宿泊パッケージ

    トラベルドンキーにお任せください!

    トラベルドンキー

    お得な現地発ツアーとアクティビティ

    トラベルドンキーは、海外の各都市から出発・催行されるツアーを取り扱う、海外現地ツアー専門サイトです。

    オプショナルツアーと一般的に呼ばれている、日本語ガイドの付く日帰りツアーの他、英語ガイドで行われるツアー、海外現地出発・解散の宿泊を伴う周遊小旅行、マリンスポーツ・乗馬・スカイダイビング等のアクティビティ等も取り扱っています。