[続報10]シドニー近郊で発生しているブッシュファイヤー(山火事)に関して

ブルーマウンテン地区

ブルーマウンテン地区、一般観光客の多くが訪れるカトゥーンバ近く、Ruined Castle(ルーインド・キャッスル)で発生した山火事は延焼の範囲を広げ、12月6日の午前10時時点で1259haまで広がっています。

火は断崖に沿って北方向、カトゥーンバの南端の1.5キロの地点まで迫っています。しかしながら、ブッシュファイヤーのおきているジャミソンバレーの谷底とカトゥーンバの南端は、およそ200mの高さの断崖絶壁で区切られているため、その火がカトゥーンバの街に燃え移って直ちに危険にさらされることはありません。

12月2日より休業していたシーニックワールドは、本日地元を管轄する消防署と明日からの再開を検討していましたが、先ほど明日12月7日から再開することが決定しました。

スカイウェイ、レイルウェイ、ケーブルウェイとも運行予定ですが、これらの全ての乗り物はメイン・ステーション発着の往復のみ乗車可能となります。スカイウェイのイースト・ステーションからの乗車、レイルウェイとケーブルウェイのボトム・ステーションを結ぶボードウォークは閉鎖になります。

エコーポイントはまだオープンしていますが、エコーポイントを除くと一般旅行者の訪れるほぼ全ての展望台は、昨日に引き続き閉鎖されています。

カトゥーンバ
  • ランドスライドルックアウト
  • サイクロラマポイント
  • マライタポイント
  • イーグルホークルックアウト
  • カトゥーンバフォールズ
  • クリフビュールックアウト
  • ハネムーンルックアウト
ルーラ
  • ルーラカスケード
  • オリンピアンアンドエリシアンロック
  • サブライムポイント
ウェントワース・フォールズ
  • リンカーンロック(キングステーブルランド)

シドニー市内

シドニー市内上空は引き続き煙霧に覆われていますが、地上では煙さ、焦げ臭さはあまり感じられません。

PM2.5の値は一昨日の300台、昨日の200台より改善はされてはいるものの、12月6日の午後12時現在のシドニー市内でPM2.5の値は引き続き185の高い数値を記録しています。

このように大気の質が悪い状態が1週間近く続くことは、シドニーにおいて今までもほとんどありませんでした。シドニー在住者の間でも、この大気質指数の値に関心が集まり、今日の午前中には環境局のWEBサイトがアクセス過多によりダウンして、一時的にWEBサイトに繋がらなくなるという影響も現れました。

環境局からの警告は一段階下がりましたが、引き続き誰もが、特に心臓病または肺疾患のある人は屋外での運動を避け、できるだけ室内にとどまるよう、警告が出されています 。

シドニー市内は会社、商店、交通機関などは通常通り営業、運行されており、街中は普段と変わず、シドニー空港もこの影響によるフライト発着の乱れはありません。

12月5日、19時頃のシドニー。上空を煙霧が覆っているのがわかる
12月5日、19時頃のシドニー。本来ではまだ明るい時間だが、陽がさえぎられている

関係機関へのリンク

トラベルドンキー

お得な現地発ツアーとアクティビティ

トラベルドンキーは、海外の各都市から出発・催行されるツアーを取り扱う、海外現地ツアー専門サイトです。

オプショナルツアーと一般的に呼ばれている、日本語ガイドの付く日帰りツアーの他、英語ガイドで行われるツアー、海外現地出発・解散の宿泊を伴う周遊小旅行、マリンスポーツ・乗馬・スカイダイビング等のアクティビティ等も取り扱っています。