オーストラリアのロックメロンがスーパーから消えた

オーストラリアのスーパーマーケットの果物コーナーから、メロンが消えて1か月がたちました。今年1月から2月にかけて、リステリア菌の付着したメロンによる食中毒が発生し、6名が死亡、13名がの感染発症したことによる措置。

今回問題となっているのは、シドニーのあるニューサウスウェールズ州の南部、リベリナという地域で栽培されたロックメロン。この地域から出荷されたもの、あるいはハニーデューなどの多品種に限らず、すべてのメロンが販売されていません。

オーストラリアの「ロックメロン(Rockmelon)」は、日本、米国などでは「カンタロープ(Cantaloupe)」と呼ばれる、赤肉腫のマスクメロン。ニュー時ランドでもオーストラリア同様、ロックメロンと呼ばれ、最も一般的に食べられているメロンです。

昨日9日にWHOが、オーストラリア産のリステリア菌の付着したメロンが、日本を含む9か国・地域に輸出されたことを明らかにし、そのニュースをご覧になった方もいるかもしれません。

現地オーストラリアでは、大手スーパーのウールワースが、クイーンズランド州と西オーストラリア州の店舗で、地元産のロックメロンの販売を再開したそうです。もう1つの大手スーパーマーケット・チェーンであるコールスでは、まだロックメロンの販売の再開は行われていないようです。

関連するタグ

トラベルドンキー

お得な現地発ツアーとアクティビティ

トラベルドンキーは、海外の各都市から出発・催行されるツアーを取り扱う、海外現地ツアー専門サイトです。

オプショナルツアーと一般的に呼ばれている、日本語ガイドの付く日帰りツアーの他、英語ガイドで行われるツアー、海外現地出発・解散の宿泊を伴う周遊小旅行、マリンスポーツ・乗馬・スカイダイビング等のアクティビティ等も取り扱っています。