ツアー・ホテルの カテゴリー を選択してください。

現地発ツアー(オプショナルツアー)、アクティビティ、ホテルのページへ移動します。

アメリカ合衆国注目情報

お知らせ・新着情報

08月07日 サンディエゴ国際空港
  • サンディエゴ
  • 2018年08月07日
  • サンディエゴ国際空港ではこの夏、新たに国際線到着専用ターミナルが開設されました。
    サンディエゴ国際空港はこの四半世紀で国際線の乗客が約8倍の40万人に増え、この先も増加が予想されること、
    又日本航空を含めた直行便の増加などにより、施設の拡大が必須になりました。
    新ターミナルは最新の入国手続きや税関システムの技術を備えています。国内線へ乗り継ぎの場合は、
    Zone Uよりターミナル間の無料シャトルバスの利用が可能です。日本からの観光客にとっても、
    益々便利で使いやすい空港となることでしょう。 また、5月中旬には第2ターミナルに約2年の工事期間を経て、
    3階建ての立体駐車場が完成しました。この新駐車場は工事前よりも収容台数が1,700台増えて約2,900台になり、
    空きスペースも一目でわかるように工夫されています。

    情報提供:サンディエゴ ジャーニー ツアーズ社
    08月07日 Hard Rock Hotel
  • サンディエゴ
  • 2018年08月07日
  • ハードロック・ホテル (Hard Rock Hotel) は、ハードロックカフェを経営する Hard Rock Cafe International, Inc. によって運営されています。 最初の施設は、1995年にハードロックカフェの共同創業者のひとりであるピーター・モートンによってラスベガスに開設されました。カジノを付設したハードロック・ホテル・アンド・カジノ。 その後、ハードロック・ホテル・アンド・カジノとともに、カジノをもたないハードロック・ホテルも、世界各地のリゾート地を中心にチェーン展開が進められるようになりました。 1998年には、アジアで最初のハードロック・ホテルが、インドネシアのバリ島に開業されています。 こうした、リゾート地への展開とは別に、アメリカ国内の大都市への展開もあり、2004年にはシカゴの歴史的高層建築のひとつカーバイド・アンド・カーボン・ビルディング (Carbide & Carbon Building) の中に、3年の工期で10億6千万ドルの改装費をかけたというハードロック・ホテル・シカゴが開業し、
    2009年にはサンディエゴにもハードロック・ホテルがオープンしました。 実はその11年前の7月、
    Hard Rock Café は既にサンディエゴダウンタウンにオープンしています。
    ハンバーガーを中心としたアメリカンフードでロックを堪能できるレストランの前のスペースは、
    ハードロックオリジナル商品にSan Diegoのロゴの入ったお土産を購入する観光客で賑わっていました。 
    しかし、このCaféが昨年12月末でクローズとなったため、今ではSan Diegoのロゴ入りハードロック商品は、
    ガスランプにある、Hard Rock Hotel内のRock Shopでのみ購入可能となっています。 
    ショップにはSlushのトレードマークのシルクハットが展示や、
    Dick Daleのギターが、サーフボードをくり抜いた中に展示してあり、ロック感満載です。 
    日本のカジノ合法化によって、カジノ市場拡大に備えて日本法人を設立した「ハードロック・インターナショナル」。
    日本法人は「ハードロック・ジャパン」、カジノにも豊富な経験を持つ同社が名乗りを上げたという事のようです。


    情報提供:サンディエゴ ジャーニー ツアーズ社
    08月07日 ミラマー航空ショー
  • サンディエゴ
  • 2018年08月07日
  • 今年も、9/28~9/30までの3日間、ミラマー海兵隊航空基地での航空ショーが開催されます。 基地へのアクセスとして、ゲートが3か所あり、①フリーウェイI-15号線のMiramar Road出口近くのMain Gate、②163号線からKearney Villa Roadで降りたSouth Gate、③805号線からMiramar Road/La Jolla Village Driveで降りたWest Gateで、それぞれ朝8時から一般客用にオープンしています。 但し、午後からゲートを通過するのは、その日の状況で一か所に制限される可能性が高いです。
    主な軍のショーでは、US Navy Blue Angels, US Army Golden Knights, US Navy Leap Frogs, Lockheed Martin F-35B Lightning,US Air Force F-22A Raptor, Bell Boeing MC-22 Osprey,
    Marine Air-Ground Task Force(MAGTF) Demo,
    USAF ACC Heritage Flight-US Air Force F-22A Raptor : P-51D Mustang。
    一般参加では、Sean D. Tucker Aerobatics w/ Johnny De Gennaro,
    Jon Melby-Hanger 24 Muscle Bi-Plane, Shockwave Jet Truck,
    John Collver”Wardog”,AT-6 Texan,
    Steve Stavrakakis Romanian IAR,”A Tribute to the American Vet”,
    Kent Pietsch-1942 Interstate Cadet, Jacquie B. Air Shows-Extra 300,
    Warbirds Over Miramar, Patriots L-39 Jet Team,
    Powered paraglider Flight Demonstration Teamその他、
    3rd MAW(Marine Aircraft Wing) Bandによるミュージカルパフォーマンスがあります。

    情報提供:サンディエゴ ジャーニー ツアーズ社
    07月18日 GASLAMP ARTISAN MARKET
  • サンディエゴ
  • 2018年07月18日
  • 2018年4が鵜15んち(日)は、30人以上の地元の職人が手作りの製品を提供する、
    5番街のGASLAMP ARTISAN MARKETが新たに始まった。
    人気のショップやレストランの近くにあるマーケットストリートと、アイランドアベニューの間の
    5番街の車両を通行止めとして哀愁日曜日の午前10時から午後3時まで、市場が開催される。
    GASLAMP ARTISAN MARKETは、流行に敏感な消費者にTって、理想的なショッピングの場。
    衣服、ジュエリー、手作りの木製品を探して買い物をしたり、
    特別な人の為にフラワーフィールドから直送された新鮮な花を購入したり、また、独創的なデザインの電化製品、
    家庭用品、日用品を使って自宅の空間Wのデコレーションを楽しむ事も叶ですし、
    その為にアイデア、ヒントもたくさん詰まった市場。
    GQA(貸すランプクォーターアソシエーション)のエグゼクティブディレクターである、
    マイケル・トリンブル氏は、公共市場は人々を集め、私達の都市と、地域の活性化に繋がる。
    そしてこの新しいマーケットはMがスランプ。クォーターの起業家精神を応援し、
    来訪者と住民が、地元企業から手作りの工芸品を発見する様促す、という重要な役割も担ってる、と伝えた。
    CASLAM ARTISAN MARKETは無料で来た人々を楽しませる為に生演奏も主催している。

    開催:
    毎週日曜日 10:00~15:00
    マーケットストリート と アイランドアベニュー 間



    情報提供:サンディエゴ ジャーニー ツアーズ社
    07月18日 バルボア公園内博物館以外の施設
  • サンディエゴ
  • 2018年07月18日
  • THE OLD GLOBE
    アメリカ国内で最も優れた地域の劇場の一つに挙げられているこの古いグローブ劇場は、
    1935年の太平洋カリフォルニア博覧会の一環として、ロンドンのシェークスピア劇場をモデルとして建設された、
    600席あるグローブ座の建物の両側にはコンラッド・プレイスシアターセンターが設けられている。
    又250席あるシェリルとハーヴェイホワイト劇場や、605席ある野外のデイビス・フェスティバル劇場で構成されている。
    年間をとうしてシェークスピア始め、ニューヨークで上演されているドクターSEUSSの
    "HOW THE GRINCH STOLE CHRISTMAS"などのミュージカルも、この劇場で鑑賞する事ができる。

    BORN TEMPS COCIAL CLUB
    1991年に設立されたこのクラブは、ルイジアナ音楽と文化の輪を広げる為に発足された。
    毎月2週目の土曜日の午後7時より戦争記念館で、ダンスのパフォーマンスがあり、
    このショーが始まる前の40分間、初心者武家の無料のダンスレッスンを受ける事が出来る。

    CIVIC DANCE ARTS
    舞台医術のサポート、促進に貢献している。
    このプロ部ラムでは、年間を通し4つの舞台レベルの企業と3000人のレクレーションレベルの学生が参加して
    パフォーマンスを繰り広げている。
    特に12月夜のイベント、春のリサイタル、無料の劇場鑑賞、賞を獲得したカレッジのダンスコンサートが
    CASA DEL PRADO劇場で開催される。

    MARIE HITCHCOCK UPPET TEATER
    1948年に設立された、マリーヒッチコック劇場は米国内では最も長く続いている人形劇場。
    200席の観客席からなり、年間を通し、バラエティーに富んだ劇団によって公演される。

    SAN DIEGO CIVIC YOUTH BALET
    1945年に設立。バルボア公園内にあるこのクラシックバレー学校も80年以上続いている。
    4歳から大人まで会いレベルの指導が行われている。
    毎年4回CASA DEL PRADO劇場でバレーの上演があり、特に2月に公演されるナッツクラッカーが有名。

    SAN DIEGO JURINOR THEATRE
    1948年に設立されたこの劇場もユース劇場プログラムではもっとも古い施設になっている。
    ココでは3歳から18歳を対象にドラマや発声、ダンス、演劇指導を含め、年間を通し多数の教育、
    地域のプログラムに貢献している。

    SAN DIEGO YOUTH SYMPHONY
    米国内で6番目に古いオーケストラで、年間600人以上の8歳から25歳までの学生が参加し
    バルボア公園内でオープンリハーサルも開催される時があり、誰でも鑑賞できる。

    SPRECKELS ORGAN PAVILLION
    1914年、サンディエゴ市が翌年のパナマ・カリフォルニア博覧会の為に寄贈した建物。
    SPRECKELS ORGANは世界で1番大きなパイプオルガンで5000以上の鉛筆サイズから、
    32フィートまでの長さのパイプで構成されている。
    毎週日曜日午後2時からのを含め、年間62回のフリーコンサートをココで開催している。
    映画で有名なララ・ランドやピンクパンサーなどの音楽が聴ける。

    STARLIGHT THEATRE and STARLIGHT BOWL
    自動車メーカーのフォード社の計らいで1935年の太平洋、カリフォルニア博覧会のために設けられた。
    STARLIGHT BOWLは野外での芸術作品会場として人気のある所。
    STARLIGHT組織が中心隣、バルボア公園内では、年間を通して
    ありとあらゆるパフォーマンスを提供する芸術団体の本拠地として確立している。


    情報提供:サンディエゴ ジャーニー ツアーズ社


    サンディエゴ・お勧めツアー

    新着お客様からの質問

     
    ご質問題名 質問者 受付日
    ロス再び 2018年08月16日
    なお 2018年08月11日
    Ken 2018年07月28日
    もも 2018年07月17日
    もも 2018年07月14日
    ヒナ 2018年05月21日
    Jimmy 2018年05月16日
    Jimmy 2018年05月16日
    Yo 2018年05月12日
    FUMIE 2018年04月24日

    最新口コミ情報

    港を出てすぐに会う事ができずに、ウロウロとしてしまいましたが、お会いできてからはとても親切で、サンディエゴ~アナハイム間もずっと会話が絶えずとても楽しかったです。もし、またサンディエゴを訪れる事があったら是非お願いしたいと思います。
    5年前に妻と2人で参加してとてもよかったので、今回は娘と2人で参加しました。前回と同じく、よいガイドさんでとても満足でした。歩いて国境を渡るのが、娘にとって初めての体験で、とても印象深かったようです。サンディエゴから30分ほどの場所で、街並みも言葉も車もがらりと変わって、不思議な感じでした。娘にも大変いい思い出ができたと思います。あけみちゃん3号、とてもありがとうございました。次は、サンディエゴでゴルフに挑戦ですね!
    メキシコまで御案内頂いた小さいA様、詳しい説明も盛り沢山で、どうもありがとうございました。昼食のお店も美味しくて満足でした。手伝って貰ってゲットしたコンパスカードで三種の乗り物を体験し、翌日以降のラ・ホヤ等の観光にも大活躍。教えて頂いたサンディエゴの観光情報も大変役立ちました。帰りはサンディエゴ動物園迄送っていただきチケット購入まで手伝ってもらえたので助かりました。
    とにかく大満足でした!! 元々カジノは大好きなんですが、女性二人旅だったので、サンディエゴの郊外にあるカジノは諦めかけていました、が、トラベルドンキーさんのツアーがあったので満喫する事が出来ました! 最新鋭のスロットがたくさんあるところを希望し、ラスベガスで夢中になったマイケルジャクソンのスロットを見つけた時は大興奮でした!! 担当のチヅコさんは私達の希望を気持ちよく完璧に叶えて下さいました。カジノには負けましたがまた絶対利用したいです!!
    サンディゴには何回も行っていますが、いつもトラベルドンキーさんにお世話になっています。魅力的なメニューが多いのもありますが、案内してくださる現地の日本人の方が、親身に、気を使っていただき、こちらの希望を聞き、柔軟に対応していただけるので感謝しています。初めての方も何回も行ってる経験者もそれぞれに応じて案内していただけます。また利用しますのでよろしくお願いします

    安心の正規旅行会社

    トラベルドンキーは、日本の観光庁登録の第1種旅行業の正規旅行会社ですので、安心してご利用いただけます。

    万全の現地サポート

    ハワイ、アメリカ合衆国、オーストラリア、カナダ、韓国に直営現地オフィスがあり、現地でも万全のサポート体制。

    顧客第一主義です

    トラベルドンキーは、ツアー会社、ホテルのエージェント(販売代理人)ではなく、お客様のエージェント(購入代理人)です。

    選べるお支払い方法

    クレジットカードによるお支払いの他、日本円建てによるコンビニ支払い、銀行振り込みもご利用いただくことが可能です。

    市場最低価格を目指します

    万が一同じ商品がトラベルドンキーより安く販売されている場合は、ご遠慮なくお知らせください。

    プリンター無しでもOK!

    多くのツアー・アクティビティで、ツアー参加券の印刷が不要の、eバウチャー・システムのご利用可能です。

    Copyrights © 2018 & All Rights Reserved by Trans Orbit Pty Ltd.
    トラベルドンキーは、オプショナルツアー、アクティビティの専門サイトです。