ツアー・ホテルの カテゴリー を選択してください。

現地発ツアー(オプショナルツアー)、アクティビティ、ホテルのページへ移動します。

アメリカ合衆国注目情報

お知らせ・新着情報

09月08日 アメリカン航空 フライト キャンセル予定
  • アメリカ
  • 2017年09月08日
  • 本日以降、数多くの便のフライトがキャンセルされる予定となっている様です。

    09月07日(木) 85便
    09月08日(金) 475便
    09月09日(土) 740便
    09月10日(日) 760便
    09月11日(月) 125便

    アメリカン航空ご利用を予定しているお客様は、フライト状況をご確認の上、ご移動くださいませ。

    詳細は、ホームページまで
    https://www.americanairlines.jp/intl/jp/



    09月06日 CRSSD フェスティバル
  • サンディエゴ
  • 2017年09月06日
  • CRSSDフェスティバルは、12エーカー、東京ドームとほぼ同じ面積の
    サンディエゴウォーターフロントパークで行われる2日間の音楽フェスティバルです。
    3つのステージと36人以上のパフォーマーが参加します。
    ジャンル的には、トロピカル、チルアウト、おしゃれ系ハウス、Jersey Club系、
    ライブパフォーマンスなどがメインとなり、これらを一気に集めたフェスは珍しいのではないでしょうか?
    チケット購入は、参加は21歳以上に限られています。

    【開催期間】
    9月30日~10月1日 12:00pm

    【チケット】
    $115~

    【ホームページ】 (英語)
    http://crssdfest.com/



    情報提供:サンディエゴ ジャーニー ツアーズ社
    09月06日 コロナドベイ・ブリッジ
  • サンディエゴ
  • 2017年09月06日
  • 1969年8月3日から開通。サンディエゴとコロナド市を結ぶこの橋は、1967年から建設工事が始り、
    当時総額5千万ドルを費やし、約2年で完成しています。
    30のミッションアーチの形をしたコンクリートの橋脚がありそれぞれ直径54センチ(1.35m)の杭が
    海底約100feet(30.48m)N深さで固定されています。
    全長2.12マイル(3.392km)、橋の1番高い所から海面まで垂直で約200フィート(60.96m)。
    1970年には、アメリカ鋼鉄構造 教会(Amaerican Institute of Steel Construction)から
    ”最も美しい橋”として表彰されています。
    橋の色も空と海を想定して鮮やかな青色で覆われています。
    以前はコロナド島側に料金所があり、ドライバーのみでサンディエゴ側から島に入る場合は
    $1/車両の支払いが義務付けられていました。
    その収益は年間約800万ドルで、橋の建設費の返済、維持費等に充てられていましたが、
    建設費が完済された2002年6月からは無料となりました。
    現在も1日約10万台の車両がこの橋を利用しています。
    以前は全部で4車線と両側に5フィート(約1.52m)の幅の路肩が設けられて、
    車を一時停車させ写真撮影ができましたが、それも1993年に廃止されました。
    現在は移動型の中央分離帯が導入され、両方合わせて5車線が、交通量に合わせて午前と午後で
    それぞれ2車線と3車線に分けられています。
    歩行者や自転車の通行は禁止されていますが、毎年5月に海軍主催のBay Bridge Run/Walkがあり、
    ガスランプクォーターからコロナド島のTideland Parkまでの4マイルコースのロードレースに参加する事ができ
    特に走者は、USA&F公認している物です。
    歩行者は、走者とは別のスタートラインでベビーカーや、車椅子、ガイド犬も一緒に参加叶です。
    ただし、スケートボードやバイク、ローラースケートは禁止されています。
    又、サンディエゴ郡バイク連合が、”Ride the Bay”というイベントで、
    毎年8月に1部木の葉氏を約2,400人の参加者が通過します。
    コレは、あくまでも25マイルのルートを時間制限なしで走行するのみで、競争ではなく、
    サンディエゴのエンバカデロ公園からスタートして、コロナドベイブリッジBayshore Bikewayを通り、
    元の場所へ戻るコースになっています。



    情報提供:サンディエゴ ジャーニー ツアーズ社
    09月06日 コロナドベイ・ブリッジ
  • サンディエゴ
  • 2017年09月06日
  • 1969年8月3日から開通。サンディエゴとコロナド市を結ぶこの橋は、1967年から建設工事が始り、
    当時総額5千万ドルを費やし、約2年で完成しています。
    30のミッションアーチの形をしたコンクリートの橋脚がありそれぞれ直径54センチ(1.35m)の杭が
    海底約100feet(30.48m)N深さで固定されています。
    全長2.12マイル(3.392km)、橋の1番高い所から海面まで垂直で約200フィート(60.96m)。
    1970年には、アメリカ鋼鉄構造 教会(Amaerican Institute of Steel Construction)から
    ”最も美しい橋”として表彰されています。
    橋の色も空と海を想定して鮮やかな青色で覆われています。
    以前はコロナド島側に料金所があり、ドライバーのみでサンディエゴ側から島に入る場合は
    $1/車両の支払いが義務付けられていました。
    その収益は年間約800万ドルで、橋の建設費の返済、維持費等に充てられていましたが、
    建設費が完済された2002年6月からは無料となりました。
    現在も1日約10万台の車両がこの橋を利用しています。
    以前は全部で4車線と両側に5フィート(約1.52m)の幅の路肩が設けられて、
    車を一時停車させ写真撮影ができましたが、それも1993年に廃止されました。
    現在は移動型の中央分離帯が導入され、両方合わせて5車線が、交通量に合わせて午前と午後で
    それぞれ2車線と3車線に分けられています。
    歩行者や自転車の通行は禁止されていますが、毎年5月に海軍主催の



    情報提供:サンディエゴ ジャーニー ツアーズ社
    09月06日 クミアイインディアン
  • サンディエゴ
  • 2017年09月06日
  • クミアイインディアン、別名ディエゲーニョ族とも呼ばれ、ユマ語族、ホカ語族に分類されます。
    サンディエゴ川を境にIPAI(北部方言)、TIPAI(南部方言)に区分されるのも特徴です。
    1769年のスペイン人がサンディエゴに入植してきた時には、ミッション建設にも貢献しています。
    連邦政府に承認されている先住民族の居住区は18ヶ所あり、アメリカ国内で構成されている郡の中では
    圧倒的に多くなります。
    通常、備後や、カジノ経営をしている居住区として有名なのは、SYCUAN、BARONAとVIEJA'Sがあります。
    今から約20年前の1990年の国税調査では、約2,200人の純粋なインディアンが、
    17の居住区に住んでいる事が確認されました。
    Kumeyaay/Diegueno
    1. Barona
    2. Campo
    3. Ewiiaapaayp (Cuyapaipe)
    4. Inaja Cosmit
    5. Jamul Indian Village
    6. La Posta
    7. Manzanita
    8. Mesa Grande
    9. San Pasqual
    10. Santa Ysabel
    11. Sycuan
    12. Viejas Indian Reservations
    13. Payoomkawichu:Luieno Juaneno
    14. La Jolla
    15. Pala Indian Reservations
    16. Pauma
    17. Rincon Indian Reservations. Chulla
    18. Los Coyotes Indian Reservations

    その他、連邦政府に認定されていない地区、居住者がいない地区、式典のみに使われる地区などもあります。


    情報提供:サンディエゴ ジャーニー ツアーズ社

    サンディエゴ・お勧めツアー

    新着お客様からの質問

     
    ご質問題名 質問者 受付日
    キャメロン 2017年09月20日
    ひろ 2017年08月24日
    aya 2017年08月12日
    k-kim 2017年07月29日
    ぐっさん 2017年07月29日
    なおこ 2017年07月26日
    ぐっさん 2017年07月25日
    ぐっさん 2017年07月22日
    ぐっさん 2017年07月20日
    ちゃま 2017年07月14日

    最新口コミ情報

    港を出てすぐに会う事ができずに、ウロウロとしてしまいましたが、お会いできてからはとても親切で、サンディエゴ~アナハイム間もずっと会話が絶えずとても楽しかったです。もし、またサンディエゴを訪れる事があったら是非お願いしたいと思います。
    5年前に妻と2人で参加してとてもよかったので、今回は娘と2人で参加しました。前回と同じく、よいガイドさんでとても満足でした。歩いて国境を渡るのが、娘にとって初めての体験で、とても印象深かったようです。サンディエゴから30分ほどの場所で、街並みも言葉も車もがらりと変わって、不思議な感じでした。娘にも大変いい思い出ができたと思います。あけみちゃん3号、とてもありがとうございました。次は、サンディエゴでゴルフに挑戦ですね!
    メキシコまで御案内頂いた小さいA様、詳しい説明も盛り沢山で、どうもありがとうございました。昼食のお店も美味しくて満足でした。手伝って貰ってゲットしたコンパスカードで三種の乗り物を体験し、翌日以降のラ・ホヤ等の観光にも大活躍。教えて頂いたサンディエゴの観光情報も大変役立ちました。帰りはサンディエゴ動物園迄送っていただきチケット購入まで手伝ってもらえたので助かりました。
    とにかく大満足でした!! 元々カジノは大好きなんですが、女性二人旅だったので、サンディエゴの郊外にあるカジノは諦めかけていました、が、トラベルドンキーさんのツアーがあったので満喫する事が出来ました! 最新鋭のスロットがたくさんあるところを希望し、ラスベガスで夢中になったマイケルジャクソンのスロットを見つけた時は大興奮でした!! 担当のチヅコさんは私達の希望を気持ちよく完璧に叶えて下さいました。カジノには負けましたがまた絶対利用したいです!!
    サンディゴには何回も行っていますが、いつもトラベルドンキーさんにお世話になっています。魅力的なメニューが多いのもありますが、案内してくださる現地の日本人の方が、親身に、気を使っていただき、こちらの希望を聞き、柔軟に対応していただけるので感謝しています。初めての方も何回も行ってる経験者もそれぞれに応じて案内していただけます。また利用しますのでよろしくお願いします

    安心の正規旅行会社

    トラベルドンキーは、日本の観光庁登録の第1種旅行業の正規旅行会社ですので、安心してご利用いただけます。

    万全の現地サポート

    ハワイ、アメリカ合衆国、オーストラリア、カナダ、韓国に直営現地オフィスがあり、現地でも万全のサポート体制。

    顧客第一主義です

    トラベルドンキーは、ツアー会社、ホテルのエージェント(販売代理人)ではなく、お客様のエージェント(購入代理人)です。

    選べるお支払い方法

    クレジットカードによるお支払いの他、日本円建てによるコンビニ支払い、銀行振り込みもご利用いただくことが可能です。

    市場最低価格を目指します

    万が一同じ商品がトラベルドンキーより安く販売されている場合は、ご遠慮なくお知らせください。

    プリンター無しでもOK!

    多くのツアー・アクティビティで、ツアー参加券の印刷が不要の、eバウチャー・システムのご利用可能です。

    Copyrights © 2017 & All Rights Reserved by Trans Orbit Pty Ltd.
    トラベルドンキーは、オプショナルツアー、アクティビティの専門サイトです。