ソウル

  1. 済州島ツアー(1泊2日・2泊3日)

済州島ツアー(1泊2日・2泊3日)

済州島ツアー(1泊2日・2泊3日)
韓半島最大の島である済州島内の観光名所を巡るツアーです。龍頭岩・如美地植物園・正房滝・マンジャン洞窟など、済州島の名所を一泊二日、または二泊三日かけてゆっくりと巡り、済州島の自然を満喫して下さい。
都市 ソウル
カテゴリー  濟州  
商品番号 SEL-8249
催行会社 株式会社ヨンイル旅行社
子供適用年齢  子供:2才から11才まで 幼児参加不可   
最小催行人員 大人2名様より
ツアー言語 / 時間 日本語 宿泊
eバウチャー   eバウチャーはご利用できません。 eバウチャーとは?
含まれるもの 交通費(国内線航空運賃含む)、日本語ガイド料、観光地入場料、宿泊(2-3名1室使用:観光ホテルクラス)、TAX
スケジュール
お申し込み:2名様以上でお申し込み下さい。

■時間
【1泊2日:8:00-翌日19:00】
【2泊3日:8:00-翌々日19:00】

 
【スケジュール】
一日目: 各ホテル出発 →国内線で済州島へ-龍頭岩 → 如美地植物園 → 民族博物館 → トケビ道路 → ホテル
二日目: ホテル → 正房滝 → 城邑民族村 → 城山浦 → マンジャン洞窟 → サムグムブリ → ホテル(1泊2日は国内線でソウルに戻りホテルへご案内)
三日目:ホテル → 済州歴史博物館 → 天地淵滝 →国内線でソウルに戻り各ホテルへご案内


(スケジュールの訪問先・順序は、当日の交通事情、天候その他により変更となる場合もございます。表示された時間は目安の時間となります。)
追記事項
済州島を一泊二日、または二泊三日でじっくりと巡るツアーです。

ソウルを出発し金浦空港から飛行機で済州島へ向かいます。済州島到着後まず最初に行くのは龍頭岩(ヨンドゥアム)。恨みの募った龍の苦闘"龍頭岩"に言い伝えられている伝説を紹介しましょう。
<龍宮に住んでいる一匹の龍が空に昇天しようと思ったが決して容易なことではなかった。漢拏山(ハンラサン)神霊の玉を持てば昇天できるということを知った龍は、漢拏山神霊の玉をこっそりと盗んで、ヨンヒョン渓谷を通って無事に体を隠して下ってきたが、ヨンヒョン渓谷が終わる海辺で昇天しようとした時に漢拏山神霊に見つけられてしまった。空を飛んでいる途中に漢拏山神霊の弓矢に当たって海に落ちた龍は、昇天できなかった恨みと苦痛でからだをねじりながら泣き叫ぶ形状で固まり岩になった。>
龍頭岩は名前のごとく龍がほえ叫びながら海からすぐにでも昇っていこうとしている形となっています。風が激しくて波が激しい日ならば、 龍がすぐにでも動いて空に向かって昇っていくように感じます。海上の高さが10Mにもなり海の中に浸っている体の長さが30Mぐらいの龍頭岩は、夕陽の中で静かにこの怪岩を凝視していれば本当に龍がくねくねするような錯覚を起こさせます。この龍頭岩を正しく鑑賞しようとするなら、海が穏やかな日よりも波が荒く激しく打っている日が最適です。あたかも天地開闢が成し遂げられるようで神の怒りの中に龍が”ウルルル”と泣き叫びながら海の中からほとばしり昇っていくようです。
その後は如美地(ヨミジ)植物園を訪問します。植物園の正門を入ると、広い入口広場のヤシ園に充満する南国の雰囲気が迎えてくれるでしょう。神秘な熱帯雨林の生態をそのまま大事に保管した南米アマゾン川の珍しい植物たちが、驚異的な自然の世界へ招きます。東洋最大を自慢する温室は花木類の濃厚な香と派手な花、新鮮な熱帯果物の珍しいヤシ類、砂漠のサボテンとジャングルのドロ沼植物等、地球上のあらゆる植物を集めて神秘的な自然の世界を見せてくれます。3万4千坪余りに達する膨大な屋外植物園の所々には、四季折々いつでも青さを満喫できる広い芝広場をはじめとして、東洋と西洋の造景様式をひと目で見ることのできる各国の民俗庭園、漢拏山の野生花など、ここを訪れる足跡一つ一つを満足させます。
〓ヨミジの意味〓
ヨミジ植物園のヨミジという意味は、同じであるという意味の如・美しいという意味の美・土地の地で、"美しい土地"という意味の中に"パラダイス"や"エデンの丘"の意味も内包しています。
それから済州民俗村博物館を訪れます。済州民俗村博物館は、朝鮮語の1890年代を基準年代として、済州島伝来の民俗資料を総体的に整理して展示しています。特に100余軒に達する伝統家屋は、似たように作ったものではなく、実際に済州島民が生活した家を石一つ、柱一つに至るまでそのまま移し完璧に復元したものです。この伝統家屋には生活用具・農機具・漁具・家具・石物など約8千点の民俗資料が展示されています。済州の民俗文化が正確に保存された所であり、韓国の花と木をひと目で見られる所でもあり、さらに世界文化の類似性と差別性を比較して見ることができる文化空間としての‘済州民俗村博物館’に対する関心は日々大きくなっています。

次はトケビ道路へと向かいます。神秘の道路、またはおばけ道路と呼ばれるこの道路は、下り坂方向に車を止めた場合下へ降りて行かなければならない車が、反対に上り坂方向に後ずさりする不思議なところです。実はこれは錯覚現象で、周囲環境の影響によって、視覚的に高くなって見えるのが原因です。その後、ホテルで一泊となります。

二日目
ホテルを出発した後、まず正房滝に向かいます。済州道西帰浦市(ソギポシ)ドンフン洞にある正房滝は、天地淵(チョンジヨン)滝,天帝淵(チョンジェヨン)滝とともに済州島の3大滝中の一つであり、韓国では唯一の、滝の水が海に直接落ちるようになっている滝です。高さ23mで二つの幹の滝になっており、黒い絶壁から流れ落ちる水とざぁーっという壮快な滝の音、さらにすがすがしい海が似合って、素晴らしい風景を演出します。その上滝周囲の垂直絶壁と老松によって、古くからこの景観を'正房夏瀑'として瀛州(ヨンジュ)十景中の一つに選ばれています。正房滝の絶壁には'徐不過此'という文字が彫られているという話があります。昔、中国秦始皇帝の命令で不老草を探しに来たソブルという人が、不老草を探すことができず西の方から帰ろうとした時に、正房滝の美しさにすっかり酔いしれ、正房滝の絶壁に'ソブルグァチャ'という文字を彫った、と言われていますが、実際にはこの文字を探すことはできません。ただ言い伝えられている伝説のようです。
その後城邑(ソンウブ)民俗村へと向かいます。城邑里は昔済州島が、防衛上3県に分けて統治されていた時(1410〜1914)、旌義(ジョンウィ)県の都であった村として、済州島東部中山間地帯の村の特徴がよく残っています。有形・無形の多くの文化遺産が集中的に分布しており、昔の村のままの民族景観がよく維持されていて、民俗の村として指定・保護されています。郷校(昔の学校)・日觀軒・この地域特有の民間わらぶき屋根の家・石のお爺さん・城址・ヨンジャマ・過去の官衙址・古い碑石などの有形文化遺産と、中山間地帯特有の民謡・民俗遊び・郷土の食べ物・民間工芸・済州放言などの無形文化遺産がいまだに伝授されています。
城邑民俗村を後にして城山(ソンサン)日出峯(イルチュルボン)へと向かいます。99個の岩の峰が、噴火口を城のように囲んでおり、水と繋がっている南側の軟らかい稜線は広い草原を作り上げています。日出峯に上がる入り口の草地で、小型種の馬に乗る面白味もあり、汗を流しながら登って時々休みながら見る漢拏山(ハンラサン)と海、海岸線、大・小に集まっている村全景は、記憶に長く残る風景になることでしょう。
それから万丈(マンジャン)洞窟を訪ねます。万丈窟は済州市の東30km地点の北済州郡旧左邑東金寧里に位置しています。1970年3月28日に、天然記念物第98号に指定され保護されているこの洞窟は、長さが7,416mの溶岩洞窟です。洞窟の中は、年中11〜21℃を維持しており、常に快適なだけではなく、珍しい生物も生息し、学術的にも非常に高い価値が認められています。特に火山爆発の際にできた溶岩噴出によって作られた"石亀" "石柱" "翼壁"等は、世界的な観光名所として脚光を浴びています。
その後サムグムブリへと向かいます。国家指定文化財天然記念物第263号のサムグムブリは、済州の360個余りの寄生火山とは違い、下の方で爆発した爆発物が積もらず全て噴出して、大きく開けられた噴火口で形成された爆裂孔寄生火山です。内部面積30万平方メートルで、内部の火山周りは7百56メートル、外部の火山周りは2千70メートル、ほとんど垂直になっている高さは130余メートルで、漢拏山噴火口よりも少し大きく、深くなっています。その後ホテルへ戻り、自由時間となります。

三日目
まず民俗自然歴史博物館へと訪れます。民俗自然博物館は済州島内に散在している固有の民俗遺物と自然史跡資料を調査研究・収集して展示している韓国内唯一の博物館で、1984年に開館しました。展示室には済州人の一生の通過儀礼をはじめとして、衣・食・住と生産産業の資料などを立体的に展示する一方、済州島の形成過程・地質岩石・海洋植物・動物・植物の資料を生態学的に展示し、済州の自然と人文文化を一目で理解できるようにしました。
その後天地淵滝に向かいます。奇岩絶壁の上で雷のような音を出しながらあふれ落ちる白い水柱が天地淵滝です。“天と地が会い造り上げた池”として、天地淵と呼ばれているとも言われています。高さ22m、幅12mに達する滝が、絶壁の下で雄壮な音を出しながら勢いよく落ちる姿が壮観です。また天地淵滝の渓谷には天然記念物第163号タムパルス木が自生しており、珍しい植物の槽舌蘭・クシルチャッパム木・山柚子木・椿の木などの暖帯性植物がうっそうとした森を造り上げています。特に夜間のみ主に活動する天然記念物第27号のムテウナギが棲息している所でも有名です。
天地淵滝を後にしてソウルへと向かい、ピックアップしたホテルで解散となります。

料金・お申込み

各料金プランの「カートマーク」をクリックすると、日付選択カレンダーが表示されます。ご希望の参加日をクリックして選択、ショッピングカートへ入れてください。

2019年4月-2020年3月

参加日
(月/日)
料金プラン ネット価格
大人 子供
04月01日-03月31日 1泊2日 月・火・水・木泊 1泊の場合 720,000 700,000
04月01日-03月31日 1泊2日 金・土・日泊 1泊の場合 740,000 720,000
04月01日-03月31日 2泊3日 月・火・水・木泊 2泊の場合 810,000 790,000
04月01日-03月31日 2泊3日 金・土・日泊から2泊の場合 830,000 820,000

2019年4月-2020年3月

プラン 1泊2日 月・火・水・木泊 1泊の場合
期間 04月01日-03月31日
通常価格 750,000 (子供:750,000)
販売価格 720,000 (子供:700,000)
プラン 1泊2日 金・土・日泊 1泊の場合
期間 04月01日-03月31日
通常価格 750,000 (子供:750,000)
販売価格 740,000 (子供:720,000)
プラン 2泊3日 月・火・水・木泊 2泊の場合
期間 04月01日-03月31日
通常価格 820,000 (子供:800,000)
販売価格 810,000 (子供:790,000)
プラン 2泊3日 金・土・日泊から2泊の場合
期間 04月01日-03月31日
通常価格 850,000 (子供:850,000)
販売価格 830,000 (子供:820,000)
  • 上記の通貨単位は、ウォン建てになります。 日本円建て価格をチェックする  お支払方法に関して
  • カートに入れていただくツアーは、チェックアウト(ツアーの正式注文)をするまでは何度でも出し入れすることができますので、気になるツアーがございましたら取りあえずカートに入れておくなど、ご自由にご利用いただけます。
  • 8名様以上のグループの方には更に特別割引料金をご用意しております! グループ割引とは?
  • 万が一同じ催行会社、同じツアーにて、トラベルドンキー料金が同業他社より高い場合はお知らせください。その料金に喜んでマッチさせていただきます! ベストプライス宣言とは?

取消し規定

日にち取消料率・取消料金
お申し込みよりツアー代金の20%
ご参加日の7日前から4日前までツアー代金の50%
ご参加の3日前以降ツアー代金の100%
  • 取消・変更料は、取り消し・変更のご連絡を当社が受けた日時を基準とします。当社(取扱支店)の営業時間外、休業日の場合、その翌日以降の手配可能日(取扱支店営業日)が取消・変更依頼日となります。
  • お支払い済みの場合は、ご返金に際しまして、所定の返金事務手数料、振込み手数料がかかります。詳しくは、お取引条件をご参照ください。
  • 旅行条件書
 
参加者の口コミ情報
よくある質問・お問合せ

安心の正規旅行会社

トラベルドンキーは、日本の観光庁登録の第1種旅行業の正規旅行会社ですので、安心してご利用いただけます。

万全の現地サポート

ハワイ、アメリカ合衆国、オーストラリア、カナダ、韓国に直営現地オフィスがあり、現地でも万全のサポート体制。

顧客第一主義です

トラベルドンキーは、ツアー会社、ホテルのエージェント(販売代理人)ではなく、お客様のエージェント(購入代理人)です。

選べるお支払い方法

クレジットカードによるお支払いの他、日本円建てによるコンビニ支払い、銀行振り込みもご利用いただくことが可能です。

市場最低価格を目指します

万が一同じ商品がトラベルドンキーより安く販売されている場合は、ご遠慮なくお知らせください。

プリンター無しでもOK!

多くのツアー・アクティビティで、ツアー参加券の印刷が不要の、eバウチャー・システムのご利用可能です。

Copyrights © 2019 & All Rights Reserved by Trans Orbit Pty Ltd.
トラベルドンキーは、オプショナルツアー、アクティビティの専門サイトです。